ちりめん細工は型紙に基づいて作るため、型紙こそが生命です。ちりめん細工の世界を認識してもらい、素晴らしさを知っていただき普及するためには、これまで知られていなかった型紙の公開が必要だと感じ、当館の所蔵資料に基づく作品や、当館で研鑚されている皆さんの創作品を当館館長・井上重義監修により一般書店から出版すると共に、展示活動を推進しています。

出版活動および普及活動

 1991年 『裁縫お細工もの』(明治42年刊)を復刻。※2005年3月絶版。
       朝日新聞と読売新聞の家庭欄に大きく紹介される。

       『私の部屋・冬号』(婦人生活社)に「日本手芸リバイバルの発信地兵庫県、日本玩具博物館を訪れる」と題して紹介される。

 
1992年 『続裁縫おさいくもの』(明治45年刊)を復刻。※2002年8月絶版。

                         
                             
       『伝承のお細工物・ちりめん遊び』(井上重義監修/マコー社)を発刊。

                         

 1994年 『伝承の布遊び・ちりめん細工』(井上重義監修/NHK出版)を発刊。

      
『PIECE WORK』(アメリカの手芸雑誌)にちりめん細工が紹介される。

 1995年 『別冊太陽・縮緬古裂』(平凡社)に当館古作所蔵品が掲載される。

 1998年 『ちりめん細工で遊ぶ四季』(井上重義監修/NHK出版)を発刊。

                       

       『やさしく作れる伝承のちりめん細工』(井上重義監修/婦人生活社)を発刊。※絶版
 
      →2003年 『増補版やさしく作れる伝承のちりめん細工』(井上重義監修/婦人生活社)を発刊。 ※絶版

                         

 1999年 『ちりめんで作る・細工ものと押し絵』(日本玩具博物館編集協力/雄鶏社)を発刊。

 2000年 『四季を彩るちりめん細工』(井上重義監修/雄鶏社)を発刊。

                     
 2003年 『和布くらふと vol.1』(パッチワーク通信社刊)に当館ちりめん細工作品が紹介される。

       『和の布遊び・ちりめん細工』(井上重義監修/雄鶏社)を発刊。

                           

 2004年 『ちりめん細工・季節のつるし飾り』(井上重義監修/雄鶏社)を発刊。

 2005年 『ちりめん細工・お雛さまと雛飾り』(井上重義監修/雄鶏社)を発刊。

                                      

 2007年 『ちりめん細工・四季の傘飾りと雛飾り』(井上重義監修/日本ヴォーグ社)を発刊。

                          
 2009年 『江戸・明治のちりめん細工』(井上重義監修/雄鶏社)を発刊。

       『ちりめん細工 お手玉とお祝物』(井上重義監修/日本ヴォーグ社)を発刊。
 
2011年 『ちりめん細工つるし飾りの基礎』(井上重義監修/日本ヴォーグ社)を発刊。

2014年 『ちりめん細工つるし飾りの基礎2』(井上重義監修/日本ヴォーグ社)を発刊。

 
2016年 『基礎からわかるちりめん細工のつるし飾り』(井上重義監修/日本ヴォーグ社)を発刊。

2017年 『ちりめん細工の小さな袋と小箱』(井上重義監修/朝日新聞出版)を発刊。
展示活動や普及活動

1.当館での展示活動の紹介 3号館で常設展示(約100点)をする他、1号館・6号館において2〜3年ごとに特別展を開催しています。

 
「子どもの晴れ着とちりめん細工」展示風景(6号館)

 1986年 『明治のお細工物と郷土雛展』(1号館)

 1987年 『郷土雛とちりめん細工』(1号館)

 1989年 『明治の裁縫お細工物展』(1号館)

 1991年 『ちりめん細工展』 (1号館)

 1993年 『ちりめん遊び展』(1号館)

 1994年 『江戸と明治のちりめん細工展』(1号館)

 1997年 『ちりめん細工の世界展』(1号館)

 1999年 『四季のちりめん細工展』(1号館)

 2001年 『四季を彩るちりめん細工展』(1号館)

 2002年 『江戸と明治のちりめん細工展』(1号館)

 2004年 『和の布遊び・ちりめん細工展』(1号館)

 
2005年 『ちりめん細工・お雛様と雛飾り展』(3号館)

 2006年 『ちりめん細工の美』(1号館)

 2008年 『ちりめん細工とびん細工』(1号館)

 2010年 『子どもの晴れ着とちりめん細工』(6号館)

 2012年 『季節を彩るちりめん細工』(1号館)

 2014年 『ちりめん細工とつるし飾り』(1号館)

 2015年  『ちりめん細工の今昔』(6号館)

 2016年  『ちりめん細工とつるし飾り』(1号館)



2.館外での展示活動や普及活動の紹介


 
  たばこと塩の博物館(東京)での展示風景                    小倉城庭園美術館(北九州)での展示風景

 
 1992年 『ちりめん細工展』に裁縫お細工物を出品協力 東京家政大学生活資料館
                                             (現 東京家政大学博物館)

 1992年 『小裂の芸術・ちりめん細工展』 広島教育会館

 1994年 NHKTV『おしゃれ工房』でちりめん細工が放映される。

 1996年 『ちりめん細工展』 明石市立文化博物館

 1996年 『NHKおしゃれ工房フェスティバル』展示協力 名古屋・川越展

 1996年 Doll making conference(アメリカ・ボルチモア)でワークショップ

 1997年 『ちりめん細工展』 東京・有楽町マリオン阪急ギャラリー

 1997年 『古裂をよみがえらせたニードルワーク展』に出品協力 玉川高島屋

 1997年 『大「細工」展〜小さなものたちの大きなつぶやき〜』 福島県立美術館
       江戸小物細工・裁縫お細工物・瓶細工を出品協力(図録発行)
 
 1998年 『ちりめん細工と郷土玩具展』 大阪・阪神百貨店ギャラリー

 1998年 『古裂と糸で綴る細工の美』 丸亀市立資料館

 1998年 『NHKおしゃれ工房フェスティバル』展示協力 東京・札幌・名古屋・大阪・広島・横浜展

 1998年 Doll making conference(アメリカ・ボルチモア)でワークショップ

 1999年 『NHKおしゃれ工房フェスティバル』展示協力 福岡展

 2003年 『伝承の布遊び・ちりめん細工 江戸〜明治期の作品を中心に』 豊田市民芸館

 2004年 『兵庫の郷土玩具』と『ちりめん細工』展 兵庫県公館県政資料館

 2006年 『和の布遊び・ちりめん細工の世界 守口・京阪百貨店ギャラリー

 2007年 『和の布遊び・ちりめん細工の世界』 たばこと塩の博物館

 2007年 『ちりめん細工・四季の傘飾り展』 姫路城西屋敷跡庭園好古園・潮音斎広間

 2007年 『なつかしのおもちゃと四季のちりめん細工』展 長島美術館第7展示室 

 2007年 『第4回 私の針仕事』展 西武池袋本店イルムス館2階=西武ギャラリー

 2007年 『暮らしの中のちりめん遊び』 群馬県立日本絹の里

 2008年 『子どもたちの晴れ着展』 姫路城西屋敷跡庭園好古園

 2008年 『ちりめん細工・春の寿ぎ展』 小倉城庭園美術館

 2008年 『お祝い物のちりめん細工』 たばこと塩の博物館1階エントランスホール

 2009年 子どもの晴れ着とちりめん細工』 群馬県立日本絹の里

 2010年 ちりめん細工の世界  佐野美術館

 2011年 『ちりめん細工の美』  群馬県立日本絹の里

 2012年 『ちりめん細工の世界』  日本・モンゴル民族博物館           

 2013年 『子どもの晴れ着とちりめん細工』  北九州市立小倉城庭園

 2013年 「JAPON〜la passion des insectes〜」 プロヴァンス自然史博物館(南フランス)

 2015年 「百段雛まつり〜瀬戸内ひな紀行〜」 目黒雅叙園東京都指定有形文化財「百段階段」

 2016年 「Quilt & Stitch Show 2016」 東京ビッグサイト(東京)・マイドームおおさか(大阪) 

        2017年1月25日(水)〜2月19日(日) 神戸開港150年記念事業神戸 みなと 時空
              「TOY & DOLL COLLECTIONちりめん細工〜」 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)


ちりめん細工HOME | ちりめん細工とは| 作品例 | 講座ご案内 | 通信販売 | 日本玩具博物館

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174
Mail:info@chirimenzaiku.org