企画展  和の布遊び ちりめん細工の世界
会期:2007年2月10日(土)〜4月8日(日)
主催:たばこと塩の博物館、日本玩具博物館
後援:NHK出版、雄鷄社、日本ヴォーグ社
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし2月12日は開館)、2月13日(火)
入館料:一般・大学生100円(50円)、小・中・高校生50円(20円)
     ( )内は20名以上の団体料金

 縮緬は絹織物の一種で、撚りのあるよこ糸と撚りのないたて糸を平織りして、細かいしぼを出したものをいいます。縮緬は、日本では17世紀末〜18世紀初めに普及したといわれ、着物や帯などに用いられてきましたが、この残り裂や古裂を縫い合わせ、小さな玩具(人形、その衣装)、実用品(袋物、迷子札、箱)、飾り(押し絵、瓶細工)などを作るのが「ちりめん細工」です。ちりめん細工は、江戸時代は、裕福な家庭の女性を中心に制作されていましたが、明治になると女学校の教材として取り上げられ、続々と指南書が出版されていくようになりました。その後、洋装の広まりや、戦争の混乱などを経て、忘れ去られていましたが、近年、日本玩具博物館の指南書復刻、技術の復元と講習会開催、各地での展示会開催といった活動を通して、再び愛好者を増やしています。
 この展示は、日本玩具博物館との共催で、同館所蔵のちりめん細工の古い作品を中心に約600点を展示し、現在も広まりを見せているちりめん細工の多様さや歴史、そのやさしい風合いを紹介します。なお、雛の季節にちなみ、日本玩具博物館所蔵の明治時代の豪華な「檜皮葺き御殿飾り雛」も特別展示します。

   

   
展示風景

   
古作袋物の展示コーナー                    よみがえったちりめん細工 夏

〔展示関連講演会・イベントのご案内〕

講演会
  2月10日(土) 『ちりめん細工の再興活動』井上重義(日本玩具博物館館長)
   3月18日(日) 『ちりめん細工の形と心』尾崎織女(日本玩具博物館学芸員)
   3月31日(土) 『たばこ入れとちりめん』湯浅淑子(たばこと塩の博物館学芸員)


いずれも14:00から、1階視聴覚ホールにて開催。当日先着80名。
参加費無料(入館料は必要です)

ちりめん細工講習会
第一回 3月3日(土)  お手玉雛(講師:藤本正子)   材料費:2,000円
第二回 3月4日(日)  ちりめんの小袋(講師:藤本正子) 材料費:1,500円
第三回 3月10日(土)  這い子の根付(講師:南尚代)   材料費:1,000円
第四回 3月11日(日)  兎のブローチ(講師:南尚代)    材料費:1,000円


いずれも13:30から、1階視聴覚ホールにて開催。事前申し込みが必要です。

→申し込み方法
往復はがきに氏名、住所、年齢、希望日および、返信用住所氏名を明記の上、たばこと塩の博物館「ちりめん細工C」係までお送りください。
締め切りは2月20日(火)です。応募多数の場合は抽選になります。



〒150-0041 東京都渋谷区神南1-16-8 TEL:03-3476-2041
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/WelcomeJ.html






http://www.japan-toy-museum.org
Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174