【日本・モンゴル民族博物館第58回企画展】


ちりめん細工の世界

江戸時代から伝え継がれてきた伝統手芸ちりめん細工。
残り裂を縫い合わせて作られた花や動物、人形、玩具、小箱など…
古き良き時代の薫りを伝える作品の数々。

●会期=平成24年9月20日(木)〜12月18日(火) 


 9月19日(水)、当館は休館日だったこともあり、豊岡市(兵庫県北部)にある日本・モンゴル博物館まで学芸スタッフ全員で展示作業に行きました。日本・モンゴル民族博物館では、館長さまはじめ職員の皆様と一緒に展示作業にあたりました。
 今回は、古作品のほか、最新刊『つるし飾りの基礎』に掲載されている作品も展示していますので、お近くの方は、ぜひともお訪ね下さい。

■会場: 日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
■協力: 日本玩具博物館
■開館時間: 9:30〜17:00(最終入館は16:30)
■休館日: 水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
■観覧料: 一般500円/高大生300円/小中生200円
※兵庫県内の小中学生はココロンカード掲示により無料
※身障者・65歳以上の方は半額
※11月17日(土)・18日(日)は関西文化の日で入館無料!